RESULTS - case10 -

実績


住宅営業未経験の異動社員がTOPセールスに!

【福岡県S社の事例】

  • ■社員のプロフィール
  • 【ご氏名】Sさん
  • 【生年月日】昭和61年11月6日
  • 【入社年月日】2009年4月(新卒第一期)
  • 【入社時配属先と主な業務】営業部 ⇒ 人員削減 ⇒ 管理 ⇒ 2010年7月:賃貸 ⇒ 2013年7月:営業部
  • 07年終わり頃からディックスクロキ倒産=内定取り消しなどもあり、この業界で良いのか?と不安も…



1.営業配属前の状況 営業で頑張ろうという気持ちになれなかった
初めて接客した時「組み立てをどうしたら良いか?」全く分からなかった
2.初契約 (印象深い)自分でチラシをまいて来場・契約してくれた。非常に細かいお客さま(未完成時だった)の対応。
パンフレット上から想像する…分からない=自分もそう感じた。
住んだ人の気持ちを考えたら=相手の気持ちになって考える事が大事と気付いた。
3.伸び悩み 売出し=まわりが契約している中で自分の数字が上がらなかった。
焦ってた=まわりと何が違うんだろう…
モノを売ろう売ろうとしてた・周辺環境やメリットデメリットを語れなかった。
準備不足に気付いた⇔自分自身ゆっくりして動いて無かった・周りのメンバーは情報収集してた。
4.覚醒 ベンチマーキングで振り返り=先輩より2時間商談&次アポが多い!それはスゴい!と褒められた。
FPの勉強(GW明けより2週間)=お金の話を自信をもって話せるようになった。
人間を売る為に
お客さまは話をしたい・マンションの商品を買いに来ているけど、
お客さまは目移りして色々と迷っている…家(売りに繋がる)の事は話さない
ずうずうしく聞いている
=今の住まいの不満点・たわいない事を聞き親しみを持って貰う
今の住まい・環境(このエリアを際立たせる為・競合対策を考えて)