WORKS

利益革命

コストダウンのススメ。 まずは『無料診断』からスタート!

利益を革命的に創出するアイディア満載!「利益革命プロジェクト」始動!

マチクリは「お値段以上の販促コンサル」として"常に前へ!"の精神でアクセルを踏み続けて、日本全国の住宅不動産会社様のお手伝いに奔走しております。

住宅ローン減税や贈与税の特例・エコポイント適応などによる「住宅政策」も効果を発揮し、多くのお客様が"今が買い時!"とばかりに動き出しています。

テレビを見ていても「今が買い時!」とばかりに、お客様がマンションや戸建て住宅を購入に走っている!という特集を目にしました。
こうした良いムードが出て来ているというのも、非常に嬉しく思います。

お客様が動いている時にアクセルを踏み、しっかりと受注を上げる=販売促進を加速する事が重要です。

と同時に、抑えるべきところはしっかり抑える・締めるべきところはしっかりと締める・下げられるものはしっかり下げる…と言った原価低減・コスト削減の動きも合わせて実施する事も重要です。

明るいコストダウン そうした両方向からのアクションによって「利益を確保」する事が、この先に待っている(否、もう既に始まっている)「6割経済を生き抜く」上で非常に重要です

そこでマチクリでは抑えるべきところは抑えるために「コストダウン」を提唱しております。弊社は東京都千代田区にオフィスを構えておりますが、その「家賃の安さ」には多くの皆さんに驚かれます(想定される1/10のコストです)。

また、ほぼ毎月発行している「販促火山レポート」もコンビニでカラーコピーするよりも格安で印刷出来ています。
私たち自身も「無駄なコストを抑えて、かけるべきところにはコストをかけて」います。
正しく今回のレポートでもご案内申し上げました「コストダウンをゲーム感覚で楽しんでいる!」と言う事を実践しております。

住宅不動産会社さんにおけるコストダウンについては、代表的な内容はレポートにもある通りでございますが、
”まずは無料診断からスタート”してみませんか?

お問い合せ

【コストダウンのポイント11】 株式会社 コストダウン 代表取締役 片桐 明氏

 ピンチをチャンスに

これまでの私の経験から「1品当り単価が高い商品を扱っている会社ほどコストダウンへの取り組みは粗い」、逆に「1品当り単価が安い商品を扱っている会社ほどコストにシビアである」と言えます。

棟数管理→売上管理、売上管理→粗利管理、粗利管理→営業利益管理前者(住宅産業は正に該当します)の場合は「コストダウンをするよりも1つ売った方が早い」という判断が当たり前だからなのだと思います。しかし住宅業界において最早、そうは言っておられない経営環境であるのは前述の通りです。


さて経費の中で「人件費」以外に多いものとしては何があるでしょうか?
恐らく多くの会社で「広告宣伝費」ではないでしょうか?…TVCM・ラジオCM・新聞広告・チラシ等。この中でチラシはどの会社にとっても最も身近な広告宣伝費ではありますね。

» 「コストダウンのポイント11」の続きをもっと読む

尚、この内容は、「販促火山レポート」でもご覧いただけます。
販促火山レポートダウンロード


その他のマチクリの仕事

©2014 machikuri